コネクターとは?
  • 01 Nov 2022
  • 1 読む分
  • 寄稿者

コネクターとは?


概要

コネクターとは?

貴社の既存ソフトウェアシステムとチューリップを接続する方法をご紹介します。

チューリップは、既存のITインフラと統合できるオープンなプラットフォームです。この連携は、コネクターを使って実現します。

コネクターとは、HTTP API、SQLデータベース、OPC UAサーバーとTulipの間でデータを送信するためのTulipの機能です。

Tulipは3種類のコネクタをサポートしています。

  • HTTP- 外部APIからデータにアクセスするために使用するコネクタです。
  • SQL- このコネクターを使用して、Tulipの外部にある外部データベースにアクセスします。
  • **OPC UA -**マシンとデバイスを統合するためにこのコネクターを使用します。これはCNCマシンやPLCに接続する場合に最も一般的です。

SQLとHTTPコネクタは、外部システムへの読み込みと書き込みが可能です。OPC UAコネクターは、外部システムからの読み取りと、Edge MCおよびNode-REDを使用した書き込みが可能です。

SQLコネクターとHTTPコネクターにアクセスするには、Tulipアカウントの任意の場所から「Apps」タブにカーソルを置き、ドロップダウンからコネクターを選択します。

{height="" width=""}.

コネクターページでは、右上のフィルタードロップダウンから、コネクターの種類、SQL、HTTPでフィルタリングすることもできます。

{height="" width=""} コネクタページでは、右上のFilterドロップダウンを使ってコネクタの種類を絞り込むこともできます。

Tulip は以下の SQL コネクタをサポートしています。

  • Microsoft SQL Server
  • PostgreSQL
  • MySQL
  • オラクル

OPC UAコネクタにアクセスするには、Tulipのアカウント内の任意の場所から「Shop Floor」タブにカーソルを置き、ドロップダウンから「Machines」を選択してください。

{height="" width="400"}.

各コネクターは、アプリでトリガーされた後に実行される複数のコネクターファンクションまたはクエリーを持つことができます。

以下は、Connector 関数の例です。

{height="" width=""}.

Connector は 2 つのカテゴリに分類されます。

1.データプロトコルコネクタ

チューリップアプリとデータベースやAPIを連携させるSQLや HTTPのコネクターです。

データプロトコルコネクタは、トリガーで使用することができます。例えば、チューリップアプリで次のようなトリガーを作ることができます。

  • "オペレータがバーコードをスキャンしたとき"
  • "私のSQLデータベースでそのバーコードを調べる"
  • "そのデータに基づいて、3つの異なるステップのうちの1つを実行する。"

または...

  • "オペレータがこのボタンを押したら"
  • "生産現場の問題を追跡する" "HTTPのAPIにリクエストを送る"

どちらもセルフサービスです。SQLデータベースや外部ソフトウェアサービス(MESやERPなど)に問い合わせることができれば、Tulipの中でクエリーを書くことができます。

以下は、App EditorでTrigger内のコネクタ関数を呼び出す例です。

{height="" width=""}.

2.マシンプロトコルコネクタ

OPC UAコネクタを利用することで、以下のようなデータフィードが可能になります。

  • OPC UAデバイス
  • ケプウェアのようなソフトウェア
  • またはFanuc OPC UAサーバー

からのデータをチューリップに取り込み、トリガーロジックで使用することができます。

OPC UAコネクタを設定した後、Machinesページを使ってOPC UAサーバーから発信されるイベントを管理します。

例えば、Tulipアプリで次のようなトリガーを作成します。

  • 「OPC UA接続されたCNC装置がエラーを報告したとき"
  • "エラー報告フォームに移動して..."
  • "スーパーバイザーにテキストメッセージを送信する"

または...

  • 「ケプウェアソフトウェアに接続された圧力センサーが圧力値を報告すると...
  • "変数に保存して、Tulip Analyticsでデータを分析できるようにする。"

以下は、App EditorのTrigger内にOPC UAコネクタを配置した例です。

{height="" width=""}.

OPC UAコネクタの設定方法はこちら

誰がコネクターを使用できますか?

ほとんどのConnectorはセルフサービスです。例えばSQLに詳しい人なら誰でもSQLコネクターを設定し、Tulipアプリで使用されるSQLクエリーを書くことができます。

SQLクエリを作成した後は、SQLの知識がなくても、組織内の誰でもトリガーを使ってそのSQLコネクターをTulipアプリで使用できます。

テスト環境でのコネクタの実行

環境」タブで 、コネクタ機能ごとに複数のサーバーを設定することができます。これにより、アプリの開発時にテスト環境上でコネクタ機能を自動的に実行することができます。

{height="" width=""}.

コネクタのデータ型

以下のデータ型は、Connector Function の入力または出力として使用することができます。

  • テキスト
  • 整数
  • フロート
  • ブール値
  • 画像
  • Datetime

コネクタ出力を使用する場合、あるデータ型を別のデータ型に「強制」することができます。

つまり、コネクタが「float」型の値を出力し、それをアプリ内で「text」値として使用したい場合、「text」出力を作成し、それを float 値にマップする必要があります。この場合、値は自動的にテキスト値に変換されます。

警告

入力や出力の名前にピリオド「.」を含めることはできません。

コネクターにおけるタイムアウト

データ・コネクタには、アプリケーションの実行中にロックアップを防ぐためのタイムアウトがあります。コネクタのタイムアウトは、オペレータの待ち時間よりも長くならないようにする必要があります(最大1~3秒)。コネクタの構築中、テスト機能は10秒後にタイムアウトします。

実稼働環境では、アプリ内のコネクタは25秒後にタイムアウトします。

これらの制限は、通常、大規模なSQLクエリの場合にのみ発生します。クエリ時間を短縮するためのSQLツール(結果セットの制限、インデックスの作成、マテリアライズド・ビューの使用など)は数多くあります。

コネクタの技術的詳細

コネクタは外部システムと通信するため、カスタム IT 環境に適合するようにコネクタを構成する方法を理解する必要があるかもしれません。

Connector Hostを理解する必要があります。これは、これらの外部システムへの接続を管理するTulipプラットフォームのモジュールです。

Tulip Cloudからオープンに利用できるデータベースやAPIにアクセスする場合、追加の設定は必要ありません。しかし、何かが期待通りに動作しない場合、またはチューリップクラウドからオープンに利用できないデータベース、API、マシンに接続したい場合、Connector Hostsに関するこの記事は必読のリソースとなります。

コネクターに関するヘルプを得る

コネクターの使用に興味がある場合は、ライブチャットまたはチューリップの右上にあるヘルプボタンからサポートチケットを通じてお知らせください。手続きをお手伝いします。

{height="" width="300"}.

詳細情報


お探しのものは見つかりましたか?

また、community.tulip.coに質問を投稿したり、他の人が同様の質問に直面していないかどうかを確認することができます。


この記事は役に立ちましたか?