共有パフォーマンス可視化ターミナル
  • 03 Nov 2023
  • 1 読む分
  • 寄稿者

共有パフォーマンス可視化ターミナル


Article Summary

この記事は、共有パフォーマンス可視化ターミナルがどのように構成され、構築されているかをまとめたものです。

このアプリケーションは、複数のステーションのオペレーターがログインし、生産された良品数と不良品数、稼働中とダウンタイムのイベントとダウンタイムの理由などのステーションのアクティビティ・イベントを記録することを可能にします。

使用テーブル

このアプリケーションは、データを保存するために2つのチューリップ・テーブルを使用します。最初のテーブルはステーション活動履歴と呼ばれます。テーブルの各レコードはステータスを持つステーション活動イベントです。アプリケーションを使用する際、データはこのテーブルに記録されます。ユーザーは Analytics ステップでこのテーブルのデータの分析を見ることができます。2番目のテーブルはStationsテーブルで、各レコードはステーションで、フィールドにはステーションの現在のステータスに関するデータが保存されます。

ステーション活動履歴のフィールド

ID: 各イベントのユニークな識別子Hour Block: イベントが発生した時間:例:RUNNING、DOWN、OFFダウンタイムの理由:イベントのステータスがDOWNの場合、ユーザーはダウンタイムの理由を選択することができます。

ステーションのフィールド

ステイタス:ステーションの現在のステイタス:ステータスの色:現在のステータスの色(これは追加情報ではなく、アプリケーションでの視覚的な表 示に役立ちます)現在の製品 ID:ステーションで現在生産されている製品の ID。

アプリの構造

アプリを使用するには、オペレーターはBage IDでログインする必要があります。このアプリケーションは、異なるステーションで稼働する複数のユーザーが使用できるため、これは重要です。
cpt_0.png

ステーションの選択ステップで、ログインしたユーザーはステータスを変更したいステーションを選択できます。
cpt_1.png

選択されたステーションが "RUNNING "以外のステータスの場合、ユーザーは "Start production"ステップにナビゲートされます。生産開始ステップで、ユーザーは製品IDと生産レートを入力する必要があります。値が入力されると、生産を開始することができ、ステーションのステータスはRUNNINGに変更されます。cpt_2.png

ステーションのステータスが "RUNNING "の場合、ユーザーは "Running station"ステッ プに移動します。このステップでは、ユーザーは良品と不良品を記録し、稼働を継続するか、マシンのステータスをOFFまたはDOWNに変更するかを決定することができます。ステータスを DOWN に変更するには、Select downtime reasonステップでダウンタイムの理由を選択する必要があります。
cpt_3.png

cpt_4.png

アナリティクスステップは、他のどのステップからでも到達できる。ユーザーは、プロダクションのパフォーマンスに関する分析を見ることができます。
cpt_5.png


この記事は役に立ちましたか?