在庫管理
  • 20 Feb 2024
  • 1 読む分
  • 寄稿者

在庫管理


Article Summary

在庫管理アプリケーションがどのように構成され、構築されているかをご覧ください。

ユーザーは、在庫管理アプリケーションで在庫アイテムを管理および表示できます。このアプリケーションは、チューリップ・テーブルに在庫データを保存します。アプリケーションでは、このチューリップテーブルのデータが表示されます。ユーザーは、現場の変化に応じてデータを操作することもできます。

使用されるテーブル

このアプリケーションで使用されるチューリップ・テーブルはInventoryと呼ばれます。インベントリテーブルの各レコードは、アイテムの名前、場所ステータスで指定されたインベントリアイテムです。例えば、最初のステーションにプロジェクト用に予約されたレンガを持つことができます。これらの各レコードにはQTYフィールドがあり、ユーザーは指定された場所と状態にいくつのアイテムがあるかを追跡することができます。

テーブルのフィールド

  • ID: アイテムの名前、場所、ステータスを連結して作成されるインベントリ・アイテムのユニークID
  • アイテム: アイテムの名前
  • エリア:アイテムが配置されているエリア
  • 場所:指定されたエリア内の正確な位置
  • ステータス:インベントリアイテムのステータス。利用可能"、"隔離 "または "予約 "である。
  • QTY: アイテムの数量

アプリの構造

在庫管理アプリのメインステップは、アプリのナビゲーションページとして機能します。選択できるアクションは6つあります:

  1. ID、Item nem、Location、Statusに基づいた在庫アイテムのフィルタリング
  2. 新しいインベントリーアイテムを作成する
  3. 既存のインベントリーレコードにアイテムを追加
  4. 既存のインベントリーレコードからアイテムを削除する
  5. インベントリレコードからいくつかのアイテムのステータスを編集する
  6. いくつかのアイテムを別の場所に移動する

inventorymain.png

メイン」ステップで「在庫アイテムを作成」ボタンをクリックすると、アプリはユーザーを「在庫アイテムを作成」ステップにナビゲートします。このステップでは、ユーザーはすべてのフィールドに入力し、[**作成]**ボタンをクリックして新しいインベントリーアイテムを作成する必要があります。
Screenshot 2024-02-06 at 14.34.43.png

メインステップの数量追加ボタンをクリックすると、アプリはユーザーを数量追加ステップにナビゲートします。ユーザーは追加アイテムの数を入力し、Add QTYボタンをクリックしてテーブルレコードを更新する必要があります。

Screenshot 2024-02-06 at 14.34.14.png

メイン・ステップで[QTYの削除]ボタンをクリックすると、アプリはユーザーを[**QTYの削除]**ステップにナビゲートします。ユーザーは削除するアイテムの数を入力し、[Remove QTY]ボタンをクリックしてテーブルレコードを更新する必要があります。
Screenshot 2024-02-06 at 14.34.21.png

メイン・ステップで[Edit status]ボタンをクリックすると、アプリはユーザーを[Edit Status]ステップにナビゲートします。ユーザーはステータスを変更したいアイテムの数と新しいステータスを指定する必要があります。ステータスの編集]ボタンをクリックして変更を保存します。

Screenshot 2024-02-06 at 14.34.35.png

MainステップのMove QTYボタンをクリックすると、Move QTYステップに移動します。アイテムをある場所から別の場所に移動するには、ユーザーは移動したいアイテムの数を入力し、新しいエリアと場所を指定する必要があります。

Screenshot 2024-02-06 at 14.34.28.png


この記事は役に立ちましたか?