欠陥追跡テンプレート
  • 03 Nov 2023
  • 1 読む分
  • 寄稿者

欠陥追跡テンプレート


Article Summary

目的

この記事では、不具合追跡テンプレートがどのように構成され、構築されているかを要約します。

不具合追跡テンプレートはどのような目的で使用するのか?

不具合追跡テンプレートは、単独で使用することも、他のアプリを補完して使用することもできます。このアプリの機能には、生産中に発生した不具合イベントの表示不具合の報告不具合の編集が含まれます。ユーザーは不具合イベントに不具合理由を割り当て、すべての情報をチューリップテーブルに保存できます。アプリを使用して収集したデータは簡単に分析でき、パレート図などで視覚化できます。

欠陥追跡テンプレートで使用されているチューリップテーブル

テンプレートで使用されているチューリップテーブルは、「欠陥イベント」と呼ばれています。テーブルの各行は、複数の不具合を参照できる不具合イベントです。

欠陥イベントテーブルのフィールド

  • ID: 欠陥イベントの一意の ID。欠陥追跡アプリケーシ ョ ンに記録されるレコードでは、 アプ リ ケーシ ョ ンが生成す る ラ ンダム テ キ ス ト です。
  • 報告日 : 不具合を記録 し た日付 (記録が更新 さ れて も 同 じ )。
  • 報告者:不具合を報告したオペレータの名前。
  • 材料ID:この逸脱に関連する物理的な材料(一意に識別できる場合)。
  • 説明逸脱事象の説明
  • 数量:欠陥の数
  • 理由:欠陥事象の理由
  • 状態:欠陥イベントのステータス。
  • 検出された場所:欠陥が検出されたステーション名
  • 写真説明を補足する欠陥の画像

アプリの構造

欠陥の表示」ステップで、ユーザーは左側の対話式テーブルから欠陥イベントを選択できます。イベントの詳細は右側に表示されます。このステップはナビゲーションステップとしても機能し、ユーザーは不具合を報告するか、記録された不具合イベントを編集するか、分析ダッシュボードを表示するかを決定できます。
Defect_View.png

不具合報告ステップでは、ユーザーは材料ID、不具合数、不具合理由などの逸脱イベントの詳細を入力する必要があります。オプションで、欠陥のメモや画像を追加することもできます。赤いReport Defectボタンをクリックすると、新しい欠陥イベントがDefect Eventsテーブルに保存されます。
Defect_Report.png

欠陥の編集ステップでは、ユーザーは欠陥の表示ステップで選択したレコードのフィールドを編集できます。青い[保存]ボタンをクリックすると、[欠陥イベント]テーブルの欠陥イベントが更新されます。
Defect_Edit.png

分析]ステップでは、[欠陥イベント]テーブルに保存されたデータから構築されたカスタム分析を表示できます。
Defect_Ananlytics.png


この記事は役に立ちましたか?